kazuo kawasaki's official blog

『イントロ画面を新作して「KK適塾」にした理由』





私は「コンシリエンスデザイン」を次世代デザイナーへ、
いや、低迷するわが国のデザイン職能を語り直す手法にしてきました。
そして「KK塾」から「KK適塾」に変更しました。
最大の理由は、二つあります。
一つは大阪大学は懐徳堂から適塾となった経緯を伝えること。
そして「後世、適塾名を成すとなれば橋本左内をもってなす」でした。
橋本左内は幕政批判ゆえに「安政の大獄」にて斬首の刑。
彼が現代をも見通してきたことこそ、私は語り継ぎたいのです。
なぜならわが福井は越前藩から幕政を批判し新政府案出の一人でした」。
明治維新を引き込んだ最重要人物だからです。
坂本龍馬でも、福澤諭吉でも、勝海舟でもありません。
西郷隆盛は橋本左内の手紙を肌身離さずだった言われています。
ロシア・中国・アメリカとの対峙あるべきことの意欲を伝えていたのです。
前置きが長くなりましたが、
「KK適塾」あるいは「講義・講演」でのイントロ、
その動画を新作にしたのです。
2004年に大阪大学フロンティア研究機構に特任教授として、
名古屋市立大学との兼務になった時のロボット、
「舞」と「踊」を実現出来る時期になったようです。
そして、もう一つは光造形での「トポロジー」を様々に、
3D-CADでEWSの進化とともにCG動画にしたのを準備。
今年度最終の「KK適塾」で見せることができました。
この動画は来春3回目に、
どうすれば見られるかという新提案をするつもりです。



* 「心を持つロボット表現として、『泣き出す表情』」
* 「ロボットが『心』を持っている?かどうか、ということ」
* 「基本はトポロジーの形態が出来るかだった」
* 「二回捻ったトーラス(ドーナツ)同様にすれば」
* 『日本で最初のCAD解説本が示していたこと』


tag: 2004年, 3D-CAD, CG動画, EWS, KK塾, KK適塾, アメリカ, イントロ画面, コンシリエンスデザイン, デザイン職能, トポロジー, フロンティア研究機構, ロシア, 中国, 光造形, 勝海舟, 名古屋市立大学, 坂本龍馬, 安政の大獄, 幕政批判, 懐徳堂, 斬首, 斬首の刑, 新提案, 新政府案, 明治維新, 最重要人物, 橋本左内, 特任教授, 福澤諭吉, 肌身, , 西郷隆盛, 講演, 講義, 越前藩, , 適塾


目次を見る

One Response to “『イントロ画面を新作して「KK適塾」にした理由』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:31 AM on 1月 15th, 2017

    [...] * 『基幹産業の目星をつける今年最後の実験』 * イントロ画面を新作して「KK適塾」にした理由』 * 『ある効果とある理論を実際に問題解決=デザインへ』 [...]


This entry was posted on 土曜日, 12月 24th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.