kazuo kawasaki's official blog

『スマホは使用感だけでは技術進化は見えない』





ケータイ、スマホ、という日常道具の使用感の進化は、
目を見張るべきです。
しかしスマホの進化はいわゆる使用料の廉価競争に巻き込まれていて、
進化技術と日常道具感、さらに所有感に大きな差異性が出てきました。
その使用感は電話使用料の企業競争にかき消されています。
友人がスマホの使用料廉価性で使用感どころか、
所有感を失っているコトを見て、私は厳酷したほどです。
なぜなら、
もはやスマホの使用感はおそらく私の選択が最も的確でしょう。
まず自動車制御、時計制御、メモ制御、サイフからカード制御、
そしてオーディオ制御にまで及んでいることです。
とりわけ電話通信の使用量ほど不明点が多くて、
結局、自宅WiFiまで、全てを変革させましたが、
自宅のシステム対応は完全に無理でした。
つまり、どこまでWiFiや赤外線対応で、
TV、照明、オーディオ、電話、だけで無く、
デジタルアッサンブラージュはまだ制御システムに苦労をしています。
自動車制御、時計制御、クレジット制御には、まだ自動車も時計も、
結局は所有感を超越した進化はしていないと指摘しておきます。
無論、オーディオでのWiFiはとてもHiFiには及んでいません。
残念ながら、
使用感だけでのファッション性はアイデンティティを欠落させ、
時代の進化技術を見失わせることになります。
それは所有物としてのスマホで確認することができます。
所有感が使用感を決定させているのは、
残念ながらすべて海外の著名ブランドに支配されていることを
打ち消すデザインが絶対に必要だと確信しています。



* 「スタートレックという未来考古学のメディア」
* 『ファッションも完全完璧な信用・信頼・安全・安心だ』
* 「C.I.デザインの源流としての思想」
* 『改めて自宅玄関のデジタルアッサンブラージュ』
* 『電子ペンはすっかり日本開発が海外に負けている』


tag: HiFi, TV, WiFi, アイデンティティ, オーディオ, オーディオ制御, カード制御, クレジット制御, ケータイ, サイフ, システム対応, スマホ, デジタルアッサンブラージュ, ファッション性, メモ制御, 不明点, 企業競争, 使用感, 使用料, 使用料廉価性, 制御システム, 厳酷, 差異性, 廉価性, 廉価競争, 所有感, 所有物, 日常道具, 時計制御, 照明, 自動車制御, 自宅WiFi, 著名ブランド, 赤外線対応, 進化, 進化技術, 電話, 電話使用料, 電話通信


目次を見る

2 Responses to “『スマホは使用感だけでは技術進化は見えない』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 6月 7th, 2017

    [...] * 「ヘッドホンにはヘッドホンアンプ必要なり」 * 『スマホは使用感だけでは技術進化は見えない』 tag: Aurex, K7, YAMAHA, エンジニア, オーディオ担当, カセットテープ, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 11月 27th, 2017

    [...] 自分デザインなら、こうするべきだというプロ意識があります。 * 『スマホは使用感だけでは技術進化は見えない』 * 『貧しいモノづくり・イヤーホンで確認可能』 [...]


This entry was posted on 水曜日, 12月 28th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.