kazuo kawasaki's official blog

『Red & Blue 生誕が来年で100年になる』





かつて「プラトンのオルゴール」2004年にギャラリー「間」で開催。
これは2006年に21世紀美術館で私の個展となりインスタレーション、
さらに制作スケッチまでが永久収蔵されました。
この展覧会では自分が敬愛し影響を受けた人物12人を選びました。
今、私は自分のデザイン、その原器、原形と呼ぶべき作品があります。
デ・スティルの影響を受けた椅子となれば、それは
「レッド・アンド・ブルー」Red & Blueがその一つになります。
そして、この椅子には自分の思い出、そして私デザインが重なります。
ともかく、最近は○○○生誕100年とか、モノ100年のイベント情報が
必ず香港経由で私に届きます。
そして中国でこうしたイベントだけではなく、
デザイン活動やデザイナー推挙が必ず香港経由で入ってきますが、
私にはこの裏側の政治的目論見=策略が見え隠れしています。
脇道に入りましたが、この椅子の作家であるリートフェルトは、
私のデザイン、造形の大きなアーキタイプになっています。
大きな理由はMoMAで彼の展覧会にて、
椅子から家具の原形を見た経験があります。
そして最近ではこうした椅子が中国製でとても廉価ですが、
自分が所持しているのは、
INAXが1989年のアピールをめざしてコピーと言えどとても高額なこれを
購入するとともに、私はこの椅子を車椅子のイメージモデルにしました。
リートフェルトについてなら、彼だけの造形、
その歴史性・論理性・デ・スティルの関係を講義することができます。
この椅子が生まれて来年、100年になるのです。
ある意味では、この椅子は極めてシンボルであり、
それは100年になるのです。


* 『もし、このデザイナーから学ぶことが無いなら・・・』
* 『アナログプレーヤーをAurexSY-λ88で試用』
* 『経緯が敬意に、形態言語から自分の造形言語化を』
* 「資本主義から離脱してきたデザイン」
* 『正しいデザイン手法としてのオマージュを熟知せよ』


tag: 12人, 21世紀, 21世紀美術館, INAX, MoMA, Red & Blue, アーキタイプ, イベント情報, イメージモデル, インスタレーション, ギャラリー「間」, シンボル, デ・スティル, プラトンのオルゴール, リートフェルト, レッドアンド・ブルー, 個展, 原器, 原形, 歴史性, 生誕, 論理性, 車椅子, 香港経由, 高額


目次を見る

2 Responses to “『Red & Blue 生誕が来年で100年になる』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:16 AM on 4月 19th, 2017

    [...] * 「たとえ『市松模様でも』デザイン戦略の妙技」 * 『Red & Blue 生誕が来年で100年になる』 * 『アッサンブラージュの進化を原点・コラージュから』 tag: 1.4倍, 3D [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 7月 13th, 2017

    [...] ■「DESIGN TOKYO」グランプリ・大賞 * 『Red & Blue 生誕が来年で100年になる』 * 『二人称のデザインをめざす超軽量と収納性の車椅子開発』 [...]


This entry was posted on 月曜日, 1月 9th, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 未分類, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.