kazuo kawasaki's official blog

『「森永キャラメル」が多分生涯の必需品なのだろう』





私は母の教えからでしょうか、全く間食をしません。
また、人間の食感というのは14~15歳で決定しているという説があります。
したがって、食への食感は天性と後天的には環境で決まっているのです。
だから、いわゆる「舌が肥えている」というのは、
本当は先天性と環境だと思います。
そういうわけでしょうか、私にとって、
現代では様々な飴やキャラメルがありますが、根本的には
森永のキャラメルとチュッパチャプス以外はほとんで興味無しです。
だから今でも森永のキャラメルは欠かすことのできない私の必需品です。
美大時代に冬山で食べ物がすっかり無くなったときには、
私が持っていたキャラメルをみんなで回して舐めていたものです。
それこそ、「お前、4回も舐めたろう」なんて笑いあいながら、
ひょっとすれば、
遭難するかも知れないと思った気持ちを全員が誤魔化していました。
幸いに救助されましたが、入山届けをしていなくて、
とても叱られて歩かされて下山した思い出があります。
入山届けを出すことは、「弱虫」とかで粋がっていたのでしょう。
小学校の帰り道に森永キャラメル、その営業所があった記憶があります。
何故、覚えているかというと、
森永の懸賞募集ではたびたび当選していたのです。
絵のコンテストや塗り絵などではバトミントンのセットまで貰ったのです。
ところが、途中で森永のシンボルであるエンゼルマークが変わりました。
ところが、このキャラメルだけは今なお商標登録そのままであり、
パッケージも変わりません。無念ながらパッケージは悉く変わっています。
それゆえに、今でも時々でもなく、このキャラメルは必需品です。
でも、最近、「大粒」というタイプが出てきていますが、
味も大味過ぎると思いつつも、買ってしまうのです。
おそらく、このキャラメルは私の生涯とともにあるのでしょう。


* 「パリで見っけた『ChupaChups』のminiがあった」
* 「やっぱり、チュッパチャプスにもどる」
* 『ジッポーのあかりをデジタルアッサンブラージュ』
* 「金平糖なればこその品格に・・・」
* 「マルチツールナイフをワインスクリューから検分」


tag: 14~15歳, エンゼルマーク, キャラメル, コンテスト, シンボル, チュッパチャプス, バトミントン, 先天性, 入山届け, 塗り絵, 大粒, 必需品, , 誤魔化す, 遭難, 間食, , 食感


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 1月 27th, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 未分類, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.