kazuo kawasaki's official blog

『目の前に未来・将来は無く背負っているのです』





「Back to the Future」というSF映画を観た直後に、
これは映画の題名というよりは、ホメロスの叙事詩に登場していると、
この話は小説家・堀田善衛氏の指摘で、
ホメロスの叙事詩である「オデッセイ」を知りました。
それは日本書紀・古事記にも登場する、いわば国づくりというか、
国・国家という存在が世界共通にあるということから、
私はホメロス・オデッセイを追いかけていたら、
ずばり、「Back to the Future」そのものの書籍にぶちあたりました。
そして、未来は決して目の前に広がっているのではなくて、
背中に未来を背負っていることは米国のそれもSF映画の根底でした。
古来、日本では人は生まれて死んでいくまでに「背負い水」があること。
人は一生に飲む水を宿命として携えて生まれてくることだと知りました。
私自身28歳で車椅子、リハビリテーションの病院では40歳までが一生、
このことを担当医から言われたのですが、そんなことを聞かされたら
人は絶対に投げやりになるものです。
それは40歳までの背負い水を持っているということです。
ところが40歳寿命など忘れていた時に、
私は毎日デザイン賞をいただきました。
したがって、私が未来・将来は自分が背負ってきたことからしか創れない、
このことを強く意識し始めてきました。
しかし、背負っていることは経験や歴史だけではありません。
ここがBack to the Futureをホメロスはどのように未来を招待するのかを
経験・歴史を超えて非常識さあふれる想像力の受容力かと気づきました。
そこでの大問題は想像力そのものも実は背負っていて、
この想像力こそ、個性・感性であり、宿命的に背負わされているのです。
人はすべからく想像力を持っているということは大間違いでした。
この事実をホメロスは読みとっていたのかもしれません。
ところが、商業主義に汚されていくと、
それこそオデッセイも日本書紀、古事記も語っていた未来・将来に
デザインは寄り添うことができなくなるのです。
是非とも、特にデザイナーは「Back to the Future」を定本にするべきです。
ただしすべからく、キリスト教義であることに
私は多少違和感があることは確かです。
日本人にはもっと自然をも背負い込む想像力があるからです。


* 『十日恵比寿の種銭を大国主命からもらう』
* 『少子化は雑誌の世界をすでに破壊していた』
* 「際限は背中に、目の前に未来など無く」
* 『「創育」と「想育」の中心はやはり恐竜の存在だ』
* 『銀河系の帝国主義、そのアーキタイプは未だ戦争か』


tag: 40歳, Back to the Future, SF映画, オデッセイ, キリスト教, キリスト教義, ホメロス, 世界共通, 個性, 叙事詩, 古事記, 商業主義, , 国づくり, 国家, 堀田善衛, 大間違い, 定本, 宿命, 寿命, 将来, 小説家, 想像力, 感性, 投げやり, 担当医, 日本書紀, 映画, 書籍, 未来, 歴史, 毎日デザイン賞, 目の前, 経験, 背中, 背負い水, 背負っている, 自然, 非常識, 題名, 飲む水


目次を見る

One Response to “『目の前に未来・将来は無く背負っているのです』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:18 AM on 5月 18th, 2017

    [...] * 『運筆練習に最適な学習ノートの充実ぶりに感嘆』 * 『目の前に未来・将来は無く背負っているのです』 * 『「創育」と「想育」の中心はやはり恐竜の存在だ』 tag: M教授, [...]


This entry was posted on 火曜日, 1月 31st, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.