kazuo kawasaki's official blog

『ドクターウォッチ・アプリのバージョンアップ』






私は頻拍性の心臓障害を持っています。
それゆえにICD(除細動器をもう2度埋め込み)も経験しています。
ほぼ一年前にICDが作動して一旦心臓停止し、
再度心臓駆動をしていますが、ドクターから
「眠っていて一旦は心臓停止していますね」と言われました。
この心臓病は、名市大時代に推測していましたが、
阪大ではこの原因は交通被災でした。
そんなこともあり、心臓駆動、
いわゆる心拍数にはとても注意をしてきました。
そこで腕時計に心拍数計測が可能となることも考えましたが、
腕時計って私にはかなり重要なモノゆえに、
時計メーカーブランド相手は?と考え、iPhoneアプリにしました。
iPhoneアプリの開発は最初にNHKの時計アプリを見たときに、
「自分の壁掛け時計」これは20世紀の「The Clock」に、
NYのクーパーヒューイット美術館に永久展示でしたから、
まだデザイナーの誰もやっていない時計アプリを開発。
先般は「黄金比の計算機」もバージョンアップしたところです。
幸いにして研究室には防衛省キャリア予定のY女史がインターンゆえ、
iOS10に対応、再構築してもらうことができました。
私の理想は、次世代のプロダクトデザイナーは、
iPhoneアプリ=バーチャルと実際のプロダクトが在ってしかるべきです。
だから、アプリ開発もデザイナーの実務領域になるべきと考えています。
前回に比べて、画像精度も随分と明確にアップしました。
そしてこれはPKD=Peace-Keeping Designの活動資金へと考えています。
次世代デザイナーには絶対にアプリ開発とその実現は、
もはやプロダクトデザイナーの職能実務と考えています。

●Doctors Watch 使用方法


* 「除細動器埋め込み入れ替えより生還」
* 「ICDは経皮充電可能である、しかし」
*「心電図波形が意味すること・意味されていること」
* 「私の必須道具だから・iPhoneアプリにしてみた」
* 『自分デザイン代表作はアプリでも展開、そして無念。』


tag: ICD, iOS10, Peace Keeping Design, Phoneアプリ, PKD, The Clock, アプリ, アプリ開発, インターン, キャリア, クーパーヒューイット美術館, バージョンアップ, バーチャル, ブランド, プロダクトデザイナー, 交通被災, 埋め込み, 壁掛け時計, 心拍数計測, 心臓停止, 心臓障害, 心臓駆動, 時計アプリ, 時計メーカーブランド, 次世代, 永久展示, 活動資金, 画像精度, 職能実務, 腕時計, 防衛省, 防衛省キャリア, 除細動器, 頻拍, 頻拍性, 黄金比, 黄金比の計算機


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 2月 6th, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.