kazuo kawasaki's official blog

『美しい運筆を体現すれば美しさがわかりそうだ』





原稿は未だに私はegword Universal、もしくは、
Nisus Writer Proを使っています。
しかし、OSがchrome OSが一段と進化しているようなので、
hpのchromeでWordの縦書きを随分試しました。しかし、
うまくいきませんので、ついつい時間がとられています。
そこでパソコンに打鍵をする時間を減らそうと思って、
この「般若心経」の「空海」に向かっています。
これまでは、王羲之や藤原行成でしたが、
空海の運筆は、何と言っても「美しい」のです。
また墨汁メーカーの開明堂、その墨汁は選んで3種持っていますが、
この墨汁香は独特ですから、子どもの頃を思い出します。
小さい頃は一人っ子だったので、母は書道の前夜には、
墨をすって、それを当時は、
マヨネーズの空き瓶に入れてくれていました。
だから小学校の頃は絶対に書道大会では
優勝をとねらっていたものです。
そうした頃の思い出と、開明堂ゆえの筆ペンは、
太刀川氏からもらったこともあり、気に入っています。
小学生の学習ノート「ジャポニカ」に筆ペンで練習もしているのです。
筆ペンのカートリッジ1本は、使い果たすほど熱中しています。
久々に、空海の運筆文字は、草書体が肝心なところで変化しています。
この運筆は、本当に美しいのです。
「美しい」ことを体現するには、自分の運筆でこそ、
これがより美しさを身体化してくれるのだと確信しました。
まだまだとても下手くそですが、
空海の書に立ち向かっていることが清々しいのです。
来年、Red & Blueの椅子が100年になります。
それで、建築家やデザイナーに「展覧会をやろう」と言っています。
「デ・スティル」への憧憬を自分のデザイン、その美しさに、
空海の書、その運筆、美しさの体現とともに、
いくつかの造形デザインにここからの美しさが必ずあると、
この手本にはあります。
その体験、Macを離れてchrome OSを試していますが、
なんともデザイナーで良かったと思うのです。
空海の運筆は本当に美しいのです。



* 『パソコンがもう変わり始めているから・・・』
* 『まだ新たなOSのパソコン=HP Chrome11』
* 『もし、このデザイナーから学ぶことが無いなら・・・』
* 『藤原行成の書体との出会いは先生からの指示だった』
* 『墨汁が護っていてくれた文字=言葉の伝統文化』


tag: chrome, ChromeOS, egword Universal, HP, Nisus Writer Pro, OS, Red & Blue, Word, カートリッジ, ジャポニカ, パソコン, マヨネーズ, 一人っ子, 下手くそ, 体現, 前夜, 原稿, 墨汁, 墨汁メーカー, 墨汁香, 太刀川氏, 学習ノート, 小学校, 小学生, 展覧会, 打鍵, 書道, 書道大会, 椅子, , 清々しい, 熱中, 王羲之, 確信, 空き瓶, 空海, 筆ペン, 練習, 縦書き, 美しい, 般若心経, 藤原行成, 身体化, 運筆, 開明堂,


目次を見る

One Response to “『美しい運筆を体現すれば美しさがわかりそうだ』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    11:49 PM on 10月 15th, 2017

    [...] デザイナーあらば身体化することだともっと断言したいからです。 * 『美しい運筆を体現すれば美しさがわかりそうだ』 * 『書そして運筆なら空海がお手本になる』 [...]


This entry was posted on 水曜日, 2月 22nd, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.