kazuo kawasaki's official blog

『まだ私デザインHOLAは動いているしかし無情合掌』





生きていることは死んでいくこと。
そして寿命というのが定められているのかも知れません。
私がふるさと福井に戻り、ややちょっと私の存在が全国区になり始めた頃、
高岡から仏具を鋳造している会社の次男から、
新規事業、その起業化のための商品企画をという依頼を受けました。
彼の父は大砲製造で戦中での技術を平和を願って仏具鋳造の鋳造会社に、
彼の兄さんも交えて工場で鋳造製造された置き時計を見るなり私の直感、
私は即決、壁時計を思いつきそのデザインを果たしました。
まぁ2000個も売れればと言う評判でしたが、
まず500個の注文が舞い込みヒットをし始めました。
それはオーストリアの時計メーカーにも届き、
私を捜し当てて腕時計の依頼を受けました。
その社長に私は大きな衝撃を受けました。
「HOLAはアートであり私はあなたに売れる時計を依頼していません」と。
その話を高岡のまだHOLA一作のメーカーに伝えました。
「売れる時計やモノではなく、美しいモノづくりで存分にやれる」はずだと。
以来、様々な商品開発を手がけるとともに、
無論製造中止も相当にデザインしました。
ともかく「デザイナーの造形美だけでの商品を」と。
「タカタレムノス」、その社長・髙田博氏が急死しました。
そして一昨日、「彼を偲ぶ会」に私は出席しました。
一番最初のデザイナーとして挨拶と乾盃を先導しました。
私は最近かなり真剣に制作している「般若心経の書と色鉛筆タッチ」、
この作品を仏壇にと奥様に渡しました。
ともかく、奥様と向かい合うともう涙が堪え切れない私でした。
2013.7.6に 彼とそろそろ置き土産の企画の話を阪大でしました。
人を偲び送るのは、共に歩んだ思い出を語り合うことが残されている者の、
天命であり義務(義理ではなく)人情であると言われています。
数十名の若いデザイナーたちと、
創立時に関わったもう何年ぶりか人達との交流をしました。
彼は、もう拘りきった自動車のコレクターであり、
バンド引きいて演奏と語りをするともかく明るいい男でした。
奥様から彼が「般若心経大好きだった」と始めて知り、
私なりの筆跡と色鉛筆タッチの作品が届いていればと合掌する次第です。


* 『自分デザイン代表作はアプリでも展開、そして無念。』
* 『製品記号論で語り直す時代がやっと訪れた』
* 「『まさか』=想定外をめざす詳細造形」
* 『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』
* 「正しい進化は、わが国が主導する!」


tag: HOLA, アート, オーストリア, コレクター, タカタレムノス, 乾盃, 仏具, 仏壇, 作品, 依頼, 全国区, 創立時, 動車, 即決, 合掌, 商品企画, 壁時計, 売れる時計, 大砲製造, 天命, 奥様, 寿命, 平和, 彼を偲ぶ会, 急死, 戦中, 新規事業, 時計メーカー, 死んでいく, , 無情, 生きている, 直感, 筆跡, 置き土産, 置き時計, 美しいモノづくり, 義務人情, 腕時計, 般若心経, 色鉛筆タッチ, 衝撃, 製造, 起業化, 造形美, 鋳造, 高岡, 髙田博


目次を見る

One Response to “『まだ私デザインHOLAは動いているしかし無情合掌』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:52 AM on 6月 6th, 2017

    [...] * 「日本で最初のスクリプト体・恩師のデザイン」 * 『まだ私デザインHOLAは動いているしかし無情合掌』 * 「最も小さな公立大学・金沢美術工芸大学70周年」 [...]


This entry was posted on 日曜日, 4月 30th, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 未分類, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.