kazuo kawasaki's official blog

『霾(つちふる)のは中国からの人災である』





黄砂が飛んでくるというのは子どもの頃習った気がします。
タクラマカン砂漠・ゴビ砂漠(見ておきたい)から、
中国、韓国そして日本列島に偏西風でやって来ます。
それは天災でしたが、中国の土地劣化によって今では、
「黄砂飛来」というもはや雨上がり翌日の人災になっています。
TV報道で北京などにはPM2.5=超微小粒子状物質が視界を閉ざしています。
PM1.0が米国で認められて
中国ではマスクどころか防塵マスクの人々を見ます。
この人災に日本まで大変な事態になりました。
問題は黄砂という天災が人災となり、硫酸イオンや硝酸イオンが
私たちにも多大な身体的影響を与え出しているのです。
私のふるさと福井にはエチゼンクラゲがやはり中国からやってきて巨大化、
大迷惑を受けていますが、同等のすべて人災でしょう。
現在、空気清浄と水清浄での新素材開発デザインをしていますが、
これはデザイン主導=コンシリエンスデザインでの新素材化が可能です。
あくまでもこれからのデザインテーマです。
こうしたことに取り組んでいるのは、KAIST=韓国科学院の環境デザインも
コンシリエンスデザインでこの人災解決に取り組んでいます。
デザイン領域の拡大事例だと思っています。
したがって、私の阪大寄附講座では安全信頼性と人災解決環境デザイン、
現在は、こうしたモノデザイン企画でこの領域に四名の招聘教授がいます。
近々、新素材でのセルロース戦略とカーボン戦術に取り組んでいます。
この新素材で、これからデザイン実験が必要ですが、
空気清浄のモノ=商品化も見えてきたと確認しました。
「黄砂飛来」とは「霾=つちふる」という漢字がありますが知られていません。


* 「KAIST=韓国科学技術院の先生を招いて」
* 「KAIST・韓国科学技術院での講演」
* 『セルロース素材によるわが国の基幹産業化』
* 『除染されていない間伐材へのデザイン開発』
* 『ビジネスデザインモデルのためのコンシリエンスデザイン』


tag: KAIST, PM1.0, PM2.5, エチゼンクラゲ, カーボン戦術, コンシリエンスデザイン, ゴビ砂漠, セルロース戦略, タクラマカン砂漠, デザインテーマ, デザイン主導, デザイン領域, マスク, 中国, 事例, 人災, 人災解決, 信頼性, 偏差風, 北京, 商品化, 土地劣化, 大迷惑, 天災, 安全, 寄附講座, 巨大化, 招聘教授, 新素材, 新素材化, 新素材開発, 日本列島, 水清浄, 環境デザイン, 硝酸イオン, 硫酸イオン, 空気清浄, 視界, 超微小粒子状物質, 身体的影響, 防塵マスク, , 韓国, 韓国科学院, 黄砂, 黄砂飛来


目次を見る

One Response to “『霾(つちふる)のは中国からの人災である』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:11 AM on 6月 21st, 2017

    [...] * 『ガンマカメラにより放射能は視覚化可能』 * 『霾(つちふる)のは中国からの人災である』 * 『除染されていない間伐材へのデザイン開発』 [...]


This entry was posted on 火曜日, 5月 9th, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 未分類, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.