kazuo kawasaki's official blog

『諦め:自己防衛は不可能になってきた大不安』





政治の根本は「国民の生命と財産を護る」こと。
そのために私たちは支持政党を決め、
彼らに選挙での信用をしてきました。
この嘘っぽさを日々確認しながらですが。
私は父が30の時に生まれました。
父は20で招集されて日華事変で満州で闘い、
青島で帰国貸船で大東亜戦争勃発で再上陸し、
蒙古から中国大陸を南下してインドネシア解放戦線「明号作戦」に従事。
結局、師団長判断で祖国敗北ゆえにフィリピンに抑留されました。
しかし、従軍7年半でやっと解放されたと聞きました。
父は私に戦争の話はほとんどしませんでしたが彼には青春が皆無。
そして私は決して戦争は自分の人生では無いと思っていました。
そして安保協定が米国とあっても、
米国が護ってくれるとは決して思ってきませんでした。
ところが、戦争=弾道ミサイルにて、
原爆?、生物兵器?が迫っていると思います。
これは天災ではなくて完全な他国による脅し以上に真実味をもっています。
確かに南海トラフを意識して、その準備はしてきました。
けれども、原爆、生物兵器が落下したなら何の手立てもありません。
日本にとって重大な「拉致問題」は今では全無視され、
日本にミサイル攻撃は明らかですが、
私たちはどうも使い物にはならない「Jアラート」を待つだけでしょうか。
全ての建屋には頑丈な窓にもシャッターや、地下室・シェルター準備など、
全く何もしていません。
米国が北朝鮮の脅し外交への軍事があれば、日本は攻撃されるでしょう。
防衛の前に、攻撃される共謀は凶暴なのです。
ほとんど納得出来ない共謀罪をわが国独自で共謀(凶暴)国家への、
策略=デザインが不可欠になってきています。
安保などで自衛などは不可能だと全国民は知るべきです。
二重国籍の野党代表は明らかに反日だと断定します。
彼女によって確かな国家プロジェクトは「仕分け」されたことなども、
これも共謀罪だと思っています。
スイスの全国民の義務意識が絶対に必要です。


* 「スイス政府防災マニュアルは憲法の具体解説」
* 『「不安」が最大なことは被災することである』
* 「仕分けされたプロジェクトの重要性から現政権を否定」
* 「ハプティックス・アクチュエーターの実現まで」
* 「民主党政権はやっぱり、そして当然ながら断罪された」


tag: Jアラート, インドネシア解放戦線, シェルター, シャッター, スイス, フィリピン, ミサイル攻撃, 不可欠, 不可能, 中国大陸, 二重国籍, 人生, 仕分け, 伝える, 全無視, 共謀, 共謀罪, 凶暴, 北朝鮮, 南京大虐殺, 南海トラフ, 原爆, 反日, 国家プロジェクト, 国民, 地下室準備, 外交, 大東亜戦争, 師団長, 帰国, 弾道ミサイル, 従軍, 戦争, 抑留, 拉致問題, 招集, 支持政党, 攻撃, 政治, 敗北, 日華事変, 明号作戦, 満州, 熟知, 生命, 生物兵器, 真実味, 策略, 義務, 義務意識, 脅し, 自己防衛, 蒙古, 解放, 諦め, 財産, 貸船, 防衛, 青島


目次を見る

2 Responses to “『諦め:自己防衛は不可能になってきた大不安』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 6月 23rd, 2017

    [...] 日している彼らこそ、 私はボツリヌス菌だと明言しておきます。 * 『諦め:自己防衛は不可能になってきた大不安』 * 『米軍の北朝鮮侵攻はわが国の問題である』 * 「同胞を救 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 9月 7th, 2017

    [...] て作者は 「Jアラート」とは全く詩情には皆無だったはずです。 * 『諦め:自己防衛は不可能になってきた大不安』 * 「スイス政府防災マニュアルは憲法の具体解説」 * 「ハプ [...]


This entry was posted on 水曜日, 5月 24th, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 未分類, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.