kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
 「数理造形から見えてきたAtom時代の終焉 ・01」



TOSBAC-5600
私が最初にコンピューターと出逢ったのは、
東芝に入社した1972年でした。
新人研修で、FORTRANCOBOLを知りました。
デザイナーゆえに、チューターはどちらにするか、
ということでしたが、二つともやらされました。
TOSBAC-5600でした。

大学時代にタイプライターをマスターしていたことが、
最も役に立ちました。
新人研修はグループ全員が旧帝大卒ばかりでした。
美大卒?、デザイナー?というやや蔑視的雰囲気から
「パンチカード」への入力がうまかったので、
TOSBAC-5600は、私の力量?を認めてくれた!
とさえ、思った出逢いでした。

しかしなんとも面倒で何の役に立つのかは不明でした。
やがて、Appleの存在を知りました。AppleⅡでした。
買える値段ではありませんでした。
ZX81
Sinclair(英)ZX81がやっと買えたので、
これでMS-DOSを独習しましたが、
本当はCP/Mが大好きになりました。
以後、様々なプログラム言語も独学でした。
気がつくと、
国内メーカーへのコンサルタントになりました。
コンピュータ開発でありデザインではありません。
VENUS-P(KDD)で、MARUNET(丸善)、
この通信系経由から
情報検索システムDAIALOG(ロッキード社)に
接続していたのです。
そして新聞記事を書くまでになってました。

Macintosh128KでSOURCEの会員になったのは、
私が日本人では4番目だったはずです。
SOURCEからCompuServe(現在のNifty-Serve)が、
最初の会員制ネットワーク回線だったことを知る人は、
どれだけ残っているでしょうか。
「北陸の福井に、デザイナーなのに変なヤツがいる」
ということでデザイナーなのにコンピューター雑誌に、
連載を持ち始めました。
これが私がbit社会へ入って行くいきさつの一部です。


tag: COBOL, DAIALOG, FORTRAN, Macintosh128k, MARUNET, MS-DOS, Nifty-Serve, Sinclair ZX81, SOURCE, TOSBAC-5600, VENUS-P(KDD), ZX81, コンピューター, チューター, デザイナーゆえ, プログラム言語, 北陸, 新人研修, 東芝, 福井, 美大卒, 資本主義からの逃走


目次を見る

3 Responses to “『資本主義からの逃走』
 「数理造形から見えてきたAtom時代の終焉 ・01」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:33 AM on 5月 21st, 2014

    [...] 「もう一つの言語を教えていた昔・ロゴレゴのこと」 「数理造形から見えてきたAtom時代の終焉 ・01」 『1984年からMacintoshとの付き合いが私の重大経験』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 1月 10th, 2017

    [...] 、とりあえず、このブログと「KK適塾」で紹介するつもりです。 * 「数理造形から見えてきたAtom時代の終焉 ・01」 * 「シリコングラフィックスを使っていた頃」 * 「数理造形 [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 3月 2nd, 2017

    [...] とソフトの関係には明確な作法美があることを見直すべきです。 * 「数理造形から見えてきたAtom時代の終焉 ・01」 * 「シリコングラフィックスを使っていた頃」 * 「コンピュ [...]


This entry was posted on 火曜日, 1月 19th, 2010 at 9:00 AM and is filed under 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.