kazuo kawasaki's official blog

07月07日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



07月07日 赤口(乙未)

「頭がきれる」ということと
「キレる」というのは、
まったく意味が違う。

「きれる」道具として
コンピューターを日常化できる時代に、
私たちが「四区分別」して、
涙を流す「大切さ」を
現代のなかから発見できないならば、
生きていてはいけないのだ。



『デザイナーは喧嘩師であれ』四区分別


tag: コンピューター, 四区分別, 大切, 川崎和男のデザイン金言, 意味, 日常化, 時代, , 現代, 発見, 道具,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 7月 7th, 2017 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.