kazuo kawasaki's official blog

07月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



07月29日 赤口(丁巳)

デザインという
理想を追求する営みの成果物である、
モノのかたちの詳細を図面は表現する。

その詳細とは、
大きさ=寸法、材質の指定、
構成と構造などの仕掛け=
これを私は実装と呼んでいる
=である。



『デザインという先手』手抜き 不可欠である誠実さ


tag: かたち, モノ, 仕掛け, 図面, 大きさ, 実装, 寸法, 川崎和男のデザイン金言, 成果物, 指定, 材質, 構成, 構造, 理想, 表現, 詳細, 追求


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 7月 29th, 2017 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.