kazuo kawasaki's official blog

『長友啓典追悼記念展にてデザイン進化を教えられたこと』





最期に私は先達に教えていただいたと、とても感謝しています。
デザインへの不信が、盗作やイベント事故などで、一般化が困難ゆえ、
グラフィックD界とインダストリアルD界、それぞれの問題を
たった一回会ったにも関わらず長友啓典氏の追悼記念展で教えられました。
それこそ。グラフィックDでのポスターというメディアは終焉する気配、
彼の作品は美術館収蔵ではないことです。
が、私は工学院大学(工手学校)であったことを絶賛します。
おそらく、ポスターの源流が情報伝達メディアとしての
ロシアン・アバンギャルドでのロシア鉄道その列車、
車体ボディだったことはほとんど知られていませんが原点です。
そうして、その遺作展で最も輝いていた彼と相棒・黒田征太郞氏と、
さらには、作家・伊集院静氏との作品。
また、おそらく旅行や気がかりな物事への自筆イラストレーションの数々。
私が金沢21世紀現代美術館での個展の時も、作品の原画を求められて、
「あぁ、そういうのは破ってます」、
もの凄く叱られましたが、
幸いスタッフが一部残してくれていたので助かりまいした。
今さらながら、実は自分デザインのグラフィックD作品集はありませんが、
まとめてC.I.デザインなどマーク、新聞挿絵(東京新聞)やスケッチを
出版しようと思い直し確認しました。
ポスターは列車から、B倍全作品などは著名なデザイナーからもらいました。
おそらく情報化メディアは、websiteでの静止画から動画になりました。
デザインは確実に情報化技術の一つとなり、デザイン自体の進化そのものを
デザインする時代に突入しています。


* 『ポケットブックになる「造形思考」が出版』
* 『毎日デザイン賞・同時受賞の佐藤晃一氏が逝去した。』
* 『存分なデザイナー能力が性能・効能・機能を編集表現』
* 『乳牛は決して美味しいミルクを絞り出すわけではない』
* 「デザインはその発祥から政治的な政策思想だった」」


tag: B倍全, イラストレーション, インダストリアル, インダストリアルD界, グラフィック, グラフィックD界, スケッチ, スタッフ, デザインする, デザイン自体, デザイン進化, ポスター, メディア, ロシア・アヴァンギャルド, ロシア鉄道, 伊集院静, 作品, 作家, 個展, 先達, 出版, 列車, 原画, 叱られる, 工学院大学, 工手学校, 情報伝達, 情報化技術, 感謝, 新聞挿絵, 旅行, 最期, 東京新聞, 物事, 相棒, 突入, 美術館収蔵, 自筆, 著名, 車体ボディ, 追悼展, 追悼記念展, 遺作展, 金沢21世紀現代美術館, 長友啓典, 黒田征太郞


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 7月 30th, 2017 at 12:10 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 未分類, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.