kazuo kawasaki's official blog

08月04日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



08月04日 赤口(癸亥)

「書く」ことと「描く」こと、
それは「欠いていること」に
気づく行為だと思っている。
つまり、
「欠落」している自分を
「自らが知る」ことだ。



川崎和男の発想表現手法


tag: 川崎和男のデザイン金言, 描く, 書く, 欠く, 欠落, 気づく, 知る, 自ら, 自分, 行為


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 8月 4th, 2017 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男の発想表現手法. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.