kazuo kawasaki's official blog

『石鹸という弱アルカリ性の「泡立ち」に清潔決定』





今、ボディーソープ(液状石鹸)は圧倒的な市場占有を続けています。
が、私は元来の石鹸にこそ、身体はじめ洗浄して清潔の基本を認めます。
祖母が復員してきた伯父からもらったモノが、全く泡立たずに、
伯父が戦地から持ち帰ってきたチーズと石鹸が間違われていたと言う話は、
祖母の思い出話の筆頭でした。
私の経験では日本人には牛乳石鹸の赤箱青箱、そして学校でのレモン石鹸。
石鹸というのは、シャボン(ポルトガル語)では、
「曖昧さを無くす」意味がありますしさらにソープは神への供物でしたから
「清潔」であることの大切さが言葉に込められています。
石鹸の鹸化はアルカリ性を表しています。
このアルカリ性では、粉石鹸はナトリウム系であり、液石鹸はカリウム系。
だからホテルでもどの石鹸の性能が良いかはホテルのランクに影響してます。
そういうことでは弱アルカリ性であることと
泡立ちの性能がとても重要なことです。
いわゆる洗剤としての性能は「界面活性剤」であり、
この「界面」こそ「インターフェイス」の原語だということです。
まさに清潔ということでは、それこそ除染剤としての「泡立ち」に
私は一番デザイナーとしてコレが清潔の決定打だと確信しています。


* 『泡=うたかたの機能性には確約がある』
* 「泡・バブルって、やっぱり凄いんだって思います」
* 『次世代デザイナーへの手本になりたい事例を発表予定』
* 「Media Allianceへのアフェレーシス」
* 『四句分別にある明解な「的」は曖昧性を強化する』


tag: アルカリ性, インターフェイス, カリウム, シャボン, ソープ, チーズ, ナトリウム, ホテル, ボディーソープ, ポルトガル語, ランク, レモン石鹸, 伯父, 供物, 原語, 大切さ, 市場占有, 弱アルカリ性, 復員, 思い出話, 性能, 曖昧, 決定打, , 泡立ち, 洗剤, 洗浄, 液状石鹸, 液石鹸, 清潔, 牛乳石鹸, 界面, 界面活性剤, 石鹸, 確信, 祖母, , 筆頭, 粉石鹸, 言葉, 赤箱, 身体, 除染剤, 青箱, 鹸化


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 8月 12th, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.