kazuo kawasaki's official blog

『曼荼羅とDNAホログラムの位牌・もう一つの仏壇』





まだ父は存命でしたが、その時に金剛界曼荼羅でもう一つ仏壇をデザイン。
それは父用でしたから、出来上がった時に、
父に見せましたが、怒鳴られました。
「俺はそんな中に入るか!」って。
父の死後、父は私を自慢するのに、
あいつは俺の仏壇までデザインしてくれていた、と。
金剛界曼荼羅の3×3を立体にして、
正面の扉を開けると、私が考えていた位牌はDNAで、
本当ならば、そのホログラムを映し出す装置にと思ったモデルでした。
父は20歳で徴兵され騎馬隊員で金沢の21師団配属。
7.5年徴兵されて、復員してからは
警察官となり刑事ばたけにいました。
ノンキャリアながら、次々と昇進して警視正とまでなり、
福井県自動車会議所の専務理事でビルを新築後、70で勇退しました。
9年間、彼は自由に中国や沖縄、靖国神社などを執筆していたようです。
79歳、晴天の日に散歩途中に倒れてあの世に逝きました。
彼は私の仏壇を見て、すごく怒りましたが本当は自慢もしていたんだとか。
生きていることは死んでいく過程に過ぎません。
間もなく私も70歳を目の前にしています。
そこで社会参加を辞めるべきかを毎日考えています。
ただ、デザインし創りたいモノや、次世代デザイナーに、
絶対に語り伝えたいことが、今日もありました。
金剛界曼荼羅の九つの箱に、私の生涯を残したい、そんな気持ちと、
存在が無となるあの世だと思っています。


* 『電磁波革命と遺伝子革命が近接場で始まってきた』
* 『天空と深海で何が起こっているのだろうか?』
* 『ふるさと福井の大震災を胎内で経験していたと聞く』* 
* 『終戦では無い、敗戦記念日であった』
* 『想像力を今また熟考を毎日繰り返している』


tag: 21師団, 70%, 70歳, 79歳, DNA, あの世, ノンキャリア, ビル, ホログラム, モデル, 中国, 仏壇, 位牌, 刑事, 創りたい, 勇退, 執筆, 存命, 存在, 専務理事, 徴兵, 怒鳴, , 散歩, 新築, 昇進, 晴天, 次世代, 死んでいく, 死後, 沖縄, , , 父用, 生きている, 生涯, 目の前, 社会参加, 立体, 自動車会議所, 自慢, 装置, 語り, 警察官, 警視正, 途中, 過程, 配属, 金剛界曼荼羅, 金沢, 靖国神社, 騎馬隊員


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 8月 18th, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.