kazuo kawasaki's official blog

『センスの有無が判断できる椅子と曲の選択』





もはや興味がつきなくて、絶対収集して、実物を生活の傍らに。
最近、この癖を止めようと自分に言い聞かせている私です。
が、Z-Chairは、本当は6脚並べたいと思っているぐらいともかく好きです。
Z-Chairはあのリートフェルトが果たしたZIGZAG Chairです。
時折TV番組で観る土曜朝に「サワコの朝」というインタビュー番組。
この番組に田中泯氏が登場しました。
この番組には登場者が椅子を選びます。
そして、田中泯氏はこの椅子を選びました。
正直、あの番組ではこの椅子の選定で私は「センス」を推し量るのです。
プロのデザイナーとして、私は絶対的に「センスを決定」するのです。
若い頃、新人の東芝マンであった頃、Aurexの自分デザインを
秋葉原のオーディオショップを持ち回っていたら、
激しい批判いや非難をしばしば受けていました。
そのショップオーナーが、自分のカフスボタンを見せながら、
「デザイナーなら、この程度の仕上げをしろ」とか言われて、
「貴方のセンスがその程度なら結構です」と反論して、怒らせました。
営業からは、「相手を怒らせるな」と忠告されましたが、
「あんなセンス無しの店には置かない」と言い放し、
川崎は営業で随行させるべきではないと言うことにもなりましたが、
私は平気でデザイン部長からの説教も聞き流していました。
さて、田中泯氏がこの椅子を即決で選んだと
パートナーの石原淋さんとのメール交換で分かりました。
そして、彼の曲の選定でもびっくりしたのです。
それは阪大同僚の石黒教授と全く一致していたのです。
石黒教授はアンドロイドロボット学者です。
彼とは「こんなん見つかったぜ」とかで、
彼からは「こんなんどう?」とかやりとりする仲です。
要は「センス」の問題には、実は、機能も性能も効能も超えて、
「センスゆえの美学」があるのです。
こうしたことを超えて、Z-Chair=zigzag chairが存在しているのです。
ですから、なんとかレプリカでも本物はやっぱり私生活に必要です。
それは、この椅子の造形を超えているだろうか?
この椅子の側で自分デザインが存在するか?なのです。


* 『場踊りと言語舞台・「影向」によって』
* 『この男に惹かれる・舞踊と舞踏がテーマになってきた』
* 『男に嫉妬あり、田中泯と松岡正剛の間に割り込む』
* 『Red & Blue 生誕が来年で100年になる』
* 「誤謬へのシンボライゼーションプロトタイプ」


tag: Aurex, TV番組, Z-Chai, ZIGZAG Chair, やりとり, アンドロイドロボット, インタビュー, オーディオショップ, カフスボタン, サワコの朝, センス, パートナー, プロ, メール, リートフェルト, レプリカ, 交換, 仕上げ, , 傍ら, 効能, 反論, 収集, 同僚, 営業, 土曜, 学者, 実物, 忠告, , 性能, 批判, , , 本物, 東芝マン, 椅子, 機能, 決定, 生活, 田中泯, 番組, , 登場者, 石原淋, 石黒教授, 私生活, 秋葉原, 結構, 絶対的, 自分デザイン, 興味, 説教, 部長, 随行, 非難


目次を見る

One Response to “『センスの有無が判断できる椅子と曲の選択』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    11:39 PM on 11月 11th, 2017

    [...] * 「モノの美しさにあるバランス性が決定要因」 * 『センスの有無が判断できる椅子と曲の選択』 * 『薔薇というシンボルから花言葉も消した問題解決』 [...]


This entry was posted on 日曜日, 8月 27th, 2017 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.