kazuo kawasaki's official blog

09月08日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



09月08日 赤口(戊戌)

絶対的な美は、
人類の歴史の歴然と残り、
相対的な美は時代性が一応、決めている。
それは相対的な美が、
もう一度、
歴史で選別されなければならない。



川崎和男の発想表現手法


tag: 一応, 人類, 川崎和男のデザイン金言, 時代性, 歴史, 歴然, 相対的, 絶対的, , 選別


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 9月 8th, 2017 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男の発想表現手法. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.