kazuo kawasaki's official blog

09月17日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



09月17日 先負(丁未)

機能はとても安易な表現であった。
まず、器能を定義すべきであった。
なぜなら、
器能とは、実装を包み込んだ使い勝手であり、
機能とは、実装構造を武器化する
器械主義を反映している。



川崎和男の発想表現手法


tag: 使い勝手, 反映, 器械主義, 器能, 安易, 定義, 実装, 川崎和男のデザイン金言, 構造, 機能, 武器, 表現


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 9月 17th, 2017 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男の発想表現手法. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.