kazuo kawasaki's official blog

『家紋:三つ葉葵なれどの思想対決は倒幕か佐幕か』






歳末に適塾記念会から「適塾」という第50号が届きました。
適塾は自宅の近くに保存財として戦火もまぐれて残っています。
耐震補強も一年がかりで修繕もすませている建物です。
私が最も敬愛している偉人の代表は、橋本左内です。
最近は橋本左内は忘れられていますが、
維新を成し遂げた志士ですが26歳、
安政の大獄で斬首の刑を受けています。
私は決して坂本龍馬が維新のヒーローだとは思っていません。
むしろ、昨年、歴史の教科書から抹消されるというのは正解だと思います。
単純に小説でのイメージが維新を成し遂げたとされているだけです。
それよりも橋本左内が書き残した漢詩が約460首もあったという論文でした。
今年はその460首すべてを調べあげたいと思ってしまいました。
そうして、橋本左内がふるさと福井藩であり、
親藩でありながらなぜ倒幕側であったのだろうかと、
江戸幕府=徳川家の家紋に行き当たりました。
この家紋は水戸黄門ドラマでは決めてになる「三つ葉葵」なのです。
そしてこの親藩すべてがこの家紋ながら、
日本文化に根付いてきている家紋は相当にあります。
当然ながら、この家紋の変遷はデザインでの C.I.マークとの
私は深い関係を見直しました。
この同じ家紋は、血統であり、思想も一致していたにも関わらず、
「なぜ」?が、今年最初の疑問になったわけです。
おそらく、橋本左内の漢詩と本来は二葉葵から創作であったこの葵の御紋、
これを追いかけることになるかもしれません。


tag: 460首, C.I.マーク, イメージ, 三つ葉葵, 二葉葵, 保存財, 修繕, 倒幕, 偉人, , 創作, 坂本龍馬, 安政の大獄, 家紋, 小説, 建物, 御紋, 徳川家, 思想, 戦火, 抹消, 教科書, 敬愛, 斬首, 橋本左内, 歳末, 歴史, 水戸黄門, 江戸幕府, 漢詩, 福井藩, 第50号, 維新, 耐震補強, 自宅, , 血統, 親藩, 論文, 適塾, 適塾記念会


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 1月 2nd, 2018 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.