kazuo kawasaki's official blog

『標高100メートル自宅からの2018年1月7日の遠景』






一昨日、七草粥の後にワイフから今年に入って一番遠景が見える、とのこと。
この自宅には2006年から入居。
入居すると、直ぐに金沢21世紀美術館にて、
私の個展、それも丁度デザイナー仕事30年の集大成で
「川崎和男展・いのち きもち かたち」を開催。
しかし、最終頃には「敗血症・多臓器不全」となりました。
それは重篤と言われ、私は3度目の死線にいました。
2018年1月7日の谷町から、アベノハルカスが遠景に見えています。
正直、大阪に来て住居がやっと見つかって入居すぐに重篤になったのです。
遠景に見えるアベノハルカスは、私があそこには近鉄デパートがあり、
浪人時代1年を暮らして居て、予備校時代に美術学校へと思いを変えました。
この写真からは、雲の様子がやや怪しげです。
この雲が一筋事に明確になれば、
私の予測では「地震雲」として予知が可能になります。
すでに南海トラフでの大地震と大津波予測がありますから、
ややこの雲状態ならば大丈夫かもしれないという予知です。
「人生69年目」ですが、生は死への過程であり、
それが南海トラフではないことと、
北朝鮮からの攻撃ではないこをを願います。


tag: 018年1月7日, いのち きもち かたち, アベノハルカス, ワイフ, 一筋, 七草粥, 予備校時代, 予測, 予知, 入居, 北朝鮮, 南海トラフ, 地震雲, 多臓器不全, 川崎和男展, 攻撃, 敗血症, , 死線, 浪人時代, , 美術学校, 自宅, 谷町, 近鉄デパート, 過程, 遠景, 重篤, 金沢21世紀美術館,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 1月 9th, 2018 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 未分類, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.