kazuo kawasaki's official blog

03月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



03月30日 先負(辛酉)

もし「発想」した段階で
すでに「伝達」することまで
念頭にあったならば、
彼はアイディア(商品)の
最新スペックを朗々と語るより先に、
誰のためのどんなアイディア(商品)なのか、
それが使われることで消費者の生活が
どのように改善されていくのかということに
重点を置いて話を進めるだろう。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


tag: アイディア, スペック, 伝達, 商品, 川崎和男のデザイン金言, 念頭, 改善, 朗々, 段階, 消費者, 生活, 発想, , 語る, , 重点


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 3月 30th, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.