kazuo kawasaki's official blog

04月16日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



04月16日 先負(戊寅)

目上の人を敬うこと、
あるいは男尊女卑
(これは現代では通用しない、
が、根本的な男女差
という思想は大事である)、
強い家父長制(現在は失っているが)など、
いい意味でも悪い意味でも、
儒教は、ある種の制約と日常規範を、
日本人の倫理観として根付かせた。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


tag: , 倫理観, 儒教, 制約, 大事, 家父長制, 川崎和男のデザイン金言, 思想, 意味, 敬う, 日常規範, 日本人, 根付かせる, 根本的, 現代, 現在, 男女差, 男尊女卑, 目上, , 通用しない


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 4月 16th, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.