kazuo kawasaki's official blog

04月19日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



04月19日 赤口(辛巳)

自然界の流れをありのままに受け入れ、
「共同体の和」を保ちたがる
農耕民族である日本人と、
それぞれの活躍の場を認め合い、
自らの仕事をスター的存在とするために
声を大にして来た
狩猟民族である西洋人とは、
その民族的な性格に
大きな相違を持つことになったと
考えることができる。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


tag: ありのまま, スター, 仕事, 共同体, 受け入れる, , , , 存在, 川崎和男のデザイン金言, 性格, 日本人, 民族的, 活躍, 流れ, 狩猟民族, 相違, 考える, 自然界, 西洋人, 農耕民族


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 4月 19th, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.