kazuo kawasaki's official blog

05月03日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



05月03日 友引(乙未)

レスリングや陸上など、
こうした「きょうそう」に
プロとして立ち向かっている
アスリートたちに聞いてみると、
一人残らず全員から、
「試合をするときは
 いつも自分と戦っている」
という言葉が返ってくるのである。

これはプレゼンテーションにも通じる。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


tag: きょうそう, アスリート, プレゼンテーション, プロ, レスリング, 一人残らず, 全員, 川崎和男のデザイン金言, 戦う, 立ち向かう, 聞く, 自分, 言葉, 試合, 通じる, 陸上


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 5月 3rd, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.