kazuo kawasaki's official blog

06月01日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



06月01日 先負(甲子)

僕の母親は、
ほかの多くの親と比べると
少し変わっていた。

今思えば、
子供の個性を大事にしてくれていた
とわかるのだが、
当時は自分の 「 わがまま 」を
とことん聞いてくれる最も都合よく、
そして頼もしい存在だった。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


tag: わがまま, , 個性, , 大事, 子供, 存在, 川崎和男のデザイン金言, 当時, 思う, 母親, 比べる, 聞いてくれる, 自分, 都合よく, 頼もしい


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 6月 1st, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.