kazuo kawasaki's official blog

06月11日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



06月11日 先勝(甲戌)

プレゼンテーションの表現が
たとえもの足りなかったとしても、
それは決して心に響いてこないのではなく、
逆に本人の思い入れがとても強く伝わって、
聞いている側の心を打つことも
あるのだということだった。

誠実な態度は言葉を超える。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


tag: プレゼンテーション, 伝わる, 川崎和男のデザイン金言, 強く, , 思い入れ, 態度, 打つ, 本人, 表現, 言葉, 誠実, 超える, 足りない, , 響く


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 6月 11th, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.