kazuo kawasaki's official blog

06月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



06月29日 友引(壬辰)

けなされることを恐れるあまり、
少しでも観客側に
歩み寄ろうと弱腰になることはない。

それは一見
ソフトな好印象を与えるかもしれないが、
ふたを開けてみれば、
結局、どのような結論を提示したかったのか、
プレゼンテーション自体を
わかりづらくしてしまう危険性があるものである。



『プレゼンテーションの極意』タブーの逆説「いい加減」なプレゼンの「良い加減」づくり


tag: けなされる, ふた, わかりづらい, ソフト, プレゼンテーション, 一見, 危険性, 好印象, 川崎和男のデザイン金言, 弱腰, 恐れる, 提示, 歩み寄る, 結局, 結論, 自体, 観客側, 開ける


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 6月 29th, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.