kazuo kawasaki's official blog

07月07日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



07月07日 仏滅(庚子)

プレゼンテーションは、
テクニックにおぼれることなく、
会場の「呼吸」に
合わせて進めていくべきである。

具体的に言うと、
まずは、観客が、
はっと息を飲むそんな山場の直後に、
今度は、
「フーッ」と息を吐くような、
ほっとする場面を作る。



『プレゼンテーションの極意』タブーの逆説「いい加減」なプレゼンの「良い加減」づくり


tag: おぼれる, テクニック, フーッ, プレゼンテーション, 今度, 会場, 具体的, 合わせる, 吐く, 呼吸, 場面, 山場, 川崎和男のデザイン金言, , 息を飲む, 直後, 観客, 進める


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 7月 7th, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.