kazuo kawasaki's official blog

『地球環境をさらに考えることです!』





私が大学人になって以来、講演で最も使っていた、
Keytnote画面です。
それこそ、3.11東日本大震災以前からでした。
最初は、猛獣で「一番」力があると言っていました。
外国でも使ってきました。
やがて、北極は世界で滅びゆくものでしたが、
3.11で日本人は一番被害を受けて、広島の地滑り、
熊本地震から大阪北部地震、今では、西日本大豪雨です。
そして今夏の猛酷暑は38度C〜40度Cです。
それが、北極の白熊は「ここまでか?」という
地球地軸すら狂い出しているとまで言われています。
未だ8月には入っていませんが、
私の想像では、冬になると大雪の予想がつきます。
そうならないことを心から願っています。
2020年のオリンピック・パラリンピックも
大丈夫でしょうか?
言ってしまえば、原電事故から80km離れることいっていた、
米国が正しかったということを、
私は思ってしまいます。
まさか、白熊がここまでやられているとは、
私たちは、真剣に取り組むことでしょう。
今年、「Ship of the Year 2017」のことを伝えます。


tag: 2020年, 3.11東日本大震災, 38度C, 40度C, 80km, 8月, Keytnote, Keytnote画面, 「Ship of the Year 2017」, オリンピック・パラピンキック, 今夏, 北極, 原電事故, 地滑り, 地球磁軸, 外国, 大学人, 大阪北部地震, 大雪, 広島, 想像, 熊本地震, 猛獣, 猛酷暑, 白熊, 真剣, 米国, 西日本大豪雨, 講演


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 7月 23rd, 2018 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.