kazuo kawasaki's official blog

09月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



09月13日 先勝(丁丑)

壇上にまで形式を持ち込んでしまうと、
その時点で、話の内容に縛りができ上がる。
連続性が失われた話は、
必ず、会場との温度差を生む。

したがって、
壇上に持ち込むのは
話の内容だけだと強く心に決めている。



『プレゼンテーションの極意』タブーの逆説「いい加減」なプレゼンの「良い加減」づくり


tag: 会場, 内容, 壇上, 川崎和男のデザイン金言, 形式, , 持ち込む, 時点, 決めている, 温度差, 縛り, , 連続性


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 9月 13th, 2018 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.