kazuo kawasaki's official blog

『ICD(埋め込み式除細動器)で大きな心臓にショック』



 

 

2018年9月12日午後8時頃、心臓が暴れ、
私のICD(埋め込み式除細動器)が4回作動しました。
その内、2発のICD作動は、心臓に大きなショックがありました。
かなりのショックでしたが、倒れたり、意識を失うことはなく
その状況を受け入れていました。
翌、9月13日に担当医からの指示のもと
機器の動作チェックに阪大病院へ向かいました。
そして、そもそも機器寿命と電池残量から、
ICDの交換を予定していましたが、
今日の診察で、来年早々に今度で3台目となるICDの
埋め込み手術を決めました。
以前ICDが作動した時は、就寝中だったのですが、
心臓の動きはその機器にエピソードデータが残っていました。
今回、2発の作動は意識がある状態で記憶にも、もちろん身体の衝撃も
残っていますが、ICDのデータが、工場出荷時モデルのように初期化
状態となり、すぐには心臓のエピソードデータは確認できない状態でした。
とっても大事なことは、この除細動器は日本では作れません。
電池寿命により、本体の交換手術を余儀なくされていますが、
この問題解決はできると考えています。


いつかこれをもっと日本でデザイン出来ることを望んでいます。


これからも、毎日にこのブログを書きます。

 


「除細動器埋め込み入れ替えより生還」

 


tag: ICD, 埋め込み式除細動器, 心臓, 除細動器


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 9月 14th, 2018 at 12:39 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.