kazuo kawasaki's official blog

『「007シリーズ」で映画が私の人生を定まっています』





ともかく毎日、私は「007」を見ています。
新作が出れば、必ず京都のシアターに行きます。
初期の新作シリーズでは、期待値が高すぎて
新作の度に「これが007シリーズか?」、と
物足りなさを感じることがありました。
最近はちょっと違いますが、音響もとてもよくなっています。
私の人生の中で、全ての作品を繰り返し観ていますから、
人生とこの映画が、私の一番の映画骨格であることは間違いありません。
1962年(私が中学生)から、現代でも続いています。
各シリーズでは、その時代の「新作の発明」があります。
それが時代とともに、とてもユニークで未来なのです。
特に、Qの存在が私には大きく、どの作品がというのはありませんが、
主人公・ジェームズ・ボンドの、
現代と未来をつないでくれる、というのがとっても好きです。
未来をつくる職業であるデザイナーとしても、
Qのような存在あるいは産み出すモノを
「狙っている」のかもしれません。
この映画シリーズが、私の人生とはとっても大きな問題なので、
愛車も、もちろん、アストンマーチンに影響されています。


tag: 007, 007シリーズ, 1962年, Q, アストンマーチ, シアター, ジェームズ・ボンド, ユニーク, 中学生, 主人公, 京都, 人生, 作品, 初期, 愛車, 新作, 新作の発明, 新作シリーズ, 映画シリーズ, 映画骨格, 期待値, 未来, 物足りなさ, 狙っている, 現代, 産み出す, 音響


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 11月 29th, 2018 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.