kazuo kawasaki's official blog

『豪華絢爛の「華」と刀剣の「品」』





絢爛豪華、豪華絢爛、いづれも装飾に使われることばです。
そして、「豪華」という華々しい「華」がありました。
この「華」と「品」ということばは、
今、私が置き土産にしようとしてる私の著作の一部です。
二つのことばについて書き残したいと考えているわけです。
日本の歴史上の豊臣秀吉がおこなった「刀狩り」には
秀吉のある考えがあったのです。
その当時もはや日本には、戦跡に領地をあてがう土地がありませんでした。
そこで、「刀狩り」で集めてきた刀剣を区分する人が必要でした。
その時、「品」を9段階にしたのです。
九品(くほん)は
上品(上上品、上中品、上下品)から中品(中上品、中中品、中下品)、
下品(下上品、下中品、下下品)まで金剛界曼荼羅で分類し、
それを自分の味方に分け与えていたのです。
今使われる「上品」「下品」の語源と言われています。
この「品」と「華」を対語として執筆中です。
また、「華」(はな)にはもう一つの「花」という漢字があります。
華がある、花のような等、形容詞的意味あるいは「装飾」として
それこそ、松岡正剛氏から学んだ思考方法があります。
松岡氏の『日本の面影』にはその思考がつづられています。


tag: 9段階, 上品, 下品, 中品, 九品, 刀剣, 刀狩り, 分類, , 土地, 形容詞, 戦跡, 日本の面影, 松岡正剛, 歴史, 絢爛豪華, 置き土産, , , 著作, 装飾, 語源, 豊臣秀吉, 豪華絢爛, 金剛界曼荼羅, 面影, 領地


目次を見る

One Response to “『豪華絢爛の「華」と刀剣の「品」』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 2月 4th, 2019

    [...] 高校時代には、 ノーベル賞受賞者の研究や実績の本を読んだと思います。 [...]


This entry was posted on 水曜日, 12月 19th, 2018 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.