kazuo kawasaki's official blog

『絶対に存在しないリモコン、そのデザインプロセス』





リモートコマンダー(リモコン)のペーパーモックと製品までです。
まず、私のアイディアは、「リモコンに丸孔を」開けようでした。
リモコンには全て基準がありますからそれらをクリアして、
また一方で単なるカバーリング、なのです。
リモコンの化粧直しで済まされることがほとんどで、
型から起こしてもらえる機会や企業はほとんどないでしょう。
技術批判は「丸孔なんて・・・」から始まり、
オーディオ標準の長いサイズへの調整と確認、
それを操作性とともに段階的に修正していき、最終決定となります。
私の場合ほとんどが、意思通りに今後の課題をふまえ、
「デザインが技術を進化させていく」ことができています。
私の想像力では、4つのボタンと液晶で、
全て機能性のコントロールが出来上がるところですが、
まだまだ一般化出来ないというメーカーの意見に納得しました。
だから、FORIS.TVだけです。
背面には、*リモコンの収納までありますし、
放熱孔さえまったくありません。
当然ながら、こうした表面だけではなく、
側面も底面も丁寧にデザインと技術が一致しています。
ともかく、リモコンで、技術や営業までを巻き込んで、
デザインプロセスを進化させることができました。


*リモコンの収納


tag: Foris.TV, アイディア, オーディオ標準, カバーリング, クリア, サイズ, デザインプロセス, ペーパーモック, ボタン, リモコン, リモートコマンダー, 丁寧, 丸孔, 企業, 修正, 側面, 化粧直し, 収納, 営業, , 基準, 底面, 想像力, 意思通り, 技術, 技術批判, 操作性, 放熱孔, 機会, 段階, 決定, 液晶, 確認, 背面, 製品, 課題, 調整


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 1月 11th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.