kazuo kawasaki's official blog

『坂本龍馬は幕末のヒーローだと私は絶対に思わない』





坂本龍馬には、ミステリーが多く、刀や拳銃を介して
寺田屋事件と近江屋事件とその解読が諸説渦巻いています。
彼は近江屋事件で暗殺されました。
その暗殺者は京都見廻組と
その会津藩である松平容保(かたもり)なのでしょうか。
幕末では坂本龍馬がヒーローになっていますが、
それは彼からの手紙が多く現存してあるからにすぎませんし、
小説によるフィクションの虚像と
その残像が評価を押し上げていると思います。
私にとってのヒーローは、越前藩士の橋本左内で、
西郷隆盛も左内からの手紙肌身離さず持ち続けていました。
安政の大獄で、26歳で斬首の刑に処せられなければ、
必ずや時代を背負う侍でした。
福井では左内の啓発録に学び、志を持つ教育が根づいています。
ヒーローであるはずの坂本龍馬は、
剣術も北辰一刀流もたいしたことないけれど小説では名人なのです。
ミステリーに登場する刀や拳銃には大いに興味があり、
寺田屋事件では、ピストールはS&Wアミー2・32口径6連発とされています。
そして、近江屋事件では、S&W モデル11の2・ファーストイシュー7連発を
携行していましたが発砲することなく、惨殺されていました。
私には、妄想ですが坂本龍馬を暗殺したのは、誰か、わかっています。
小説はその虚像とストーリーをフィクションとして楽しみ、
史料と考証に基づいた実像も合わせてその歴史を知っておくべきです。
坂本龍馬は、絶対に、幕末のヒーローではありません。


tag: 26歳, 32口径, 6連発, 7連発, S&W, ヒーロー, ピストール, フィクション, ミステリー, 京都見廻組, 会津藩, , , , 剣術, 北辰一刀流, 史料, 啓発録, 坂本龍馬, 安政の大獄, 実像, 寺田屋事件, 小説, 幕末, , 惨殺, 手紙, 押し上げ, 拳銃, 携行, 斬首, 暗殺, 松平容保, 橋本左内, 歴史, 残像, 現存, 発砲, 考証, 肌身, 虚像, 解読, 評価, 越前藩, 近江屋事件


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 1月 17th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.