kazuo kawasaki's official blog

『素材と塗装のインダストリアルデザイン・レポート』





なかなか、インダストリアルデザインにとっては、
守秘義務があるから、素材のことも書けません。
これまでも、タケフナイフビレッジの打刃物は
両側のステンレスに挟まれた鋼の開発からスタートしました。
そして増永眼鏡のフレームは軽さと剛性、強度などは
金属やプラスティックなどで素材開発をともかく創ってきました。
現在は、開発中のモノやその素材は書くことが出来ません。
そこで、FORIS.TVで使ってきた素材について
デザインレコードを書き留めておきます。
これは既製品のパンチングメタルではありません。
45度傾斜仕様の新しい型を起こしました。
初期のロットは30度傾斜のモノでしたが、斜めからよくよく見ると
内部のスピーカー像が浮かび上がるのが苦痛でした。
そこで、技術も一緒に、特殊な45度でのパンチング仕様を要しました。
それに合わせて塗装に関しても粉体塗装から静電塗装が要求されました。
そうすることで、パンチング孔の中まで美しく塗装ができ
内部のスピーカーは全く見えなくなります。
ここまでディテールにこだわり、
技術者がつきあってくれるメーカーでした。
ただ、今では、国内メーカーも海外製の生産だからとか、
国内メーカーでも、三流メーカーが格段に増え、
安かろうというのが増えているのは残念なことです。
今、私は、全く新しいモノ・素材・塗装を開発しています。


tag: 30度, 45度, Foris.TV, インダストリアルデザイン, ステンレス, スピーカー像, タケフナイフビレッジ, ディテール, デザインレコード, パンチングメタル, パンチング仕様, パンチング孔, フレーム, プラスティック, レポート, ロット, 三流メーカー, 傾斜仕様, 剛性, 塗装, 増永眼鏡, 守秘義務, 安かろう, 強度, 打刃物, 技術, 技術者, 斜め, 既製品, 格段, 残念, 海外製, 生産, 粉体塗装, 素材, 素材開発, 軽さ, 金属, , 開発, 静電塗装


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 1月 18th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.