kazuo kawasaki's official blog

『Go ahead, make my day・・・・・決め台詞』





米国には親友のデザイナーやApple社での仕事仲間であった
元コンサルタントたちがいます。
Facebookでは海外の友人たちと連絡がとれます。
私の近況を知らせたら、
Apple社のプロデューサーであったShaun Deaneから、
「君のこのことば、今も覚えているよ」と、返信が来ました。
このことばは、とっておきの決め台詞です。
プレゼでの言い回しを、当時は、デザイナーのTucker Viemeisterに
まずは相談していました。
逆に日本では彼のプレゼの「つかみ」を私もアドバイスします。
Tuckerから、今これがクールだからこのことばを使えよ、
私では意味もわからず、ともかく、プレゼの締めで
「Go ahead , make my Apple.」と言いました。
現場の全ての人が多いに笑いました、プレゼは大成功。
まだ、まったく意味がわかってませんから、
私はこんなに笑うんだなとあっけにとられていました。
正直、この決めセリフを上手く説明はできません。
これはダーティーハリー4でクリント・イーストウッド演じる
キャラハン刑事の名台詞の引用、脅し文句です。
「Go ahead , make my day. 」で
リボルバー・S&W M29で44マグナム弾で撃ち込んでいきます。
Tuckerの父親は有名なカーデザイナーで、
その自伝的映画はコッポラが監督した『Tucker』=タッカーです。
Shaun Deaneは、音楽が詳しいのです。
海外で受けたプレゼを勢いそのままに、
日本の学会等で使って、見事にスベるという経験は多くしています。


tag: 44マグナム弾, Apple社, FaceBook, Go ahead, M29, make my Apple!, S&W, Shaun Deane, Tucker Viemeister, つかみ, カーデザイナー, キャラハン刑事, クリント・イーストウッド, クール, コッポラ, コンサルタント, スベる, タッカー, ダーティーハリー4, プレゼ, リボルバー, 勢い, 名台詞, 大成功, 学会, 引用, 意味, 決めセリフ, 決め台詞, 海外, 現場, 監督, 相談, 笑い, 米国, 経験, 脅し文句, 自伝的映画, 親友, 音楽


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 1月 22nd, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.