kazuo kawasaki's official blog

『デジタル・カーニングが無いというアナログの「知」』





東芝で多分、総研で「Aurex」が決まった時に、
当時、デザイナーは、東京芝浦電機の「意匠部」でした。
1年間、研修していた私にも提案が伝わり、私の案を出しました。
そこで、ディレクターが、私の案を採用しました。
他の大手広告代理店には絶対に負けないようにと、
このマークやロゴタイプをデザインしました。
丁度その頃には、ビデオテープでこれが入る看板までやりました。
美大で学んでいたとおりに天地60mm直線表示で曲線はプラスαなのです。
特に、レタースペースは、髪の毛一本分=ヘアーラインに注意。
以後、私はこのレタリング方式をデジタルでも「知として」使っています。
だから、アナログ方式にはカーニングではまだまだ経験値が必要です。
それこそ、オリンピック・パラリンピックは直線と曲線には、
ヘアーラインが全く考慮されていません。
現代のデザイナーには、レタリング知識の「知」が欠落しているのです。
ところで、大手広告代理店では数億のデザイン料でした。
そして、私はシェーファーの多分2〜3万の万年筆で終わりました。


tag: Aurex, アナログ, アナログ方式, オリンピック, カーニング, シェーファー, ディレクター, デザイン料, デジタル, パラリンピック, ビデオテープ, プラス, ヘアーライン, マーク, レタリング方式, レタリング知識, レタースペース, ロゴタイプ, 万年筆, 大手広告代理店, 天地60mm, 意匠部, 採用, 数億, 曲線, 東京芝浦電機, 東芝, , 欠落, 直線, , 研修, 経験値, 総研, 髪の毛


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 1月 23rd, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.