kazuo kawasaki's official blog

『空を飛ぶスポーツカーは具体化されるだろう』





やがてあの世に近づけば、やっぱり、これに乗りたい。
それが、ようやく出来上がってきました。
なんといっても、ブルース・ウィリスの
『フィフス・エレメント』が目に浮かびます。
しかし、このような映像では無いはずだと思っていました。
彼は2214年ニューヨークのタクシーの運転手役(元は退役軍人)でした。
いや、未来の都市は、こんなでは無いはず、
デザイナーとしては、「空を飛ぶ」=Passenge Air Veacleというのは、
こんなタクシーではないとその未来の世界観に
納得できずに視聴していました。
私は「空飛ぶ」モノが欲しい、
手に入れたいとヘリコプターから戦闘機まで夢見てきました。
空を飛ぶという展開には、これこそデザイン出来る日が来るかも知れない。
実際的には、アストンマーティンが
「ヴォランテ・ビジョン・コンセプト」で
空の旅を提供することを約束しています。
私自身が今は乗っているアストンマーティンで、
以前、副社長でデザイナーにも会う機会があり、
きっと絶対に出来ると思います。
すでに時代は、
空を飛ぶということが具現化、そして具体化してきました。
だからこそ、やはりフィフス・エレメントでの映像では無いと思います。
もう私の時間がありませんから、空を飛ぶモノは運転できなくても、
私のデザインテーマです。

空を飛ぶ車

アストンマーティン


tag: 2214年, Passenge Air Veacle, あの世, アストンマーティン, タクシー, デザインテーマ, ニューヨーク, フィフス・エレメント, ブルース・ウィリス, ヘリコプター, ヴォランテ・ビジョン・コンセプト, 世界観, 乗りたい, 具体, 具現, 副社長, 展開, 戦闘機, 映像, 未来, 空の旅, 空を飛ぶ, 約束, 視聴, 退役軍人, 運転できない, 運転手, 都市


目次を見る

One Response to “『空を飛ぶスポーツカーは具体化されるだろう』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:10 AM on 2月 4th, 2019

    [...] 読書が嫌いとは、人生の真理も芸術も持っていないでしょう。 *空を飛ぶヴォランテ *松岡正剛のブログ文庫本 tag: ASTONMARTIN, ウサギ, タイトル, ノーベル賞, [...]


This entry was posted on 土曜日, 1月 26th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.