kazuo kawasaki's official blog

『人は誰かの足跡を受けついでいくということ』





チューナーは、使える人は使っていますが、
私の場合は、B&OのBeosound5で、
インターネットを通して、世界中の音楽が聞こえてきます。
Aurexチームは当時、Kチーフと上司、そして私だけでした。
その時、水晶発振器で7局までが登録出来るすごいチューナーを見ました。
01.MHzから1MHzでマニュアルセッティング、
さらには、オートチューニングまでできる水晶発振で
PLL周波数シンセサイザー方式、しかも純電子式のタッチスイッチがある
ステレオチューナーST-910でした。
それは私にはまだまだとっても無理なデザインで、
とんでもないところにきた、と感じました。
何しろ、1975年当時は、NHKーFMと東京FMしかありません。
オーディオ評論家の評判では、
まだ2局程度で1局は14万円でした。定価は28万円。
ST-910を目指して、プリメインアンプもλ88が最高級。
そして私はSZ-1000をデザインしました。
突き抜けたデザインに合わせ、
一挙に4桁のネーミングを押しました。
ST-910を手掛けたKチーフだから、
私にはこの人について行こうと思いました。


tag: 01.MHz, 1975年, 1MHz, Aurex, B&O, Beosound5, Kチーフ, NHKーFM, PLL周波数シンセサイザー方式, ST-910, SZ-1000, λ88, インターネット, オーディオ評論家, オートチューニング, ステレオチューナー, タッチスイッチ, チューナー, ネーミング, マニュアルセッティング, 定価, 東京FM, 水晶発振器, 無理, 評判, 電子式, 音楽, 2局


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 2月 8th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.