kazuo kawasaki's official blog

『自己防衛のためのタクティカルペンが要る』





海外の警察では、タクティカルペンが使われているところがあります。
このペンは、ボールペン(寒冷地対応)としての機能は備え、
しかも護身用と、技術や訓練によっては
誰が相手であっても、その攻撃に反撃することが出来ます。
日本国内での使用も「正当防衛」が要求されると考えるべきです。
昨今のニュースでは、とんでもない人格の持ち主がいることを
目の当たりにし、災害同様、防犯や防災にも、
何らかの対策を講じずにはいられません。
しかし、このタクティカルペンには、
相手を倒す突起だけであり、
LED照明、静電発生器、そしてボールペンなのです。
警官だった私の父が、よく18歳の警察官に、
拳銃を持たせることをしきりに憂えていました。
父は刑事畑でほとんど捜査に携わっていたので、
いつでも、スーツの下には拳銃を持っていました。
父からは拳法や立合いの柔術など、
護身術や遠泳やらで鍛えられていました。
何よりも、心と体が強靱であること、さまざまな苦難や、
車イスゆえに、攻撃に耐える必要が余儀なくされています。
また、少林寺拳法の書籍を、まとめて読み進めている私です。
今や、電磁波でのレールガンが間もなく登場すると思っています。


tag: タクティカルペン, ボールペン, 海外, 警察


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 2月 11th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.