kazuo kawasaki's official blog

『NewYork5番街の秘密ゆえに「デザイン」なのですが』





ハイエンドブランドは、ディレクターの起用により
ブランド価値に影響します。
先般、ブランド、アート、ファッション関連の映画を何本か観ました。
といっても、「ながら見」です。
以前は得意技だった「ながら見」も、
論文書きでも相乗効果を出すことができない年齢となっています。
さて、その筆頭には、「ティファニーでの朝食を」が、
繰り返し使われていました。
ティファニーのブランドストーリーの映画で、
「デザイン」が常に使われていました。
これが明らかに「デザイン」の意味合いをファッション系で語られ、
それは、日本の戦後に
「デザインがファッションと同時に入ってきたこと」、
このことに、大きな影響があるのでは、という私の推測にあたります。
ティファニーブルー(PANTONE・1837)のボックスが、
特別の日の演出を手掛け、そのカラー戦略と根付いた文脈があります。
ブルーボックスに入ったティファニーのテーブルマナー本や、
永遠の愛を誓う美しいカッティングのリングや、
栄誉や名声を手にするトロフィーまでもが手掛けられています。
ティファニーのブランド アイコン、
ミューズとしてのオードリー・ヘップバーン、
「ティファニーでの朝食を」は、欧州でのシンデレラ物語に等しいのです。
なぜデザインというその原論を考えているのかというと、
「デコレーションとデザイン(仮称)」の著作を進めているからです。
最も、私にはティファニーボックスには縁がありませんでした。


tag: PANTONE・1837, ながら見, アート, オードリー・ヘップバーン, カッティング, カラー戦略, シンデレラ物語, ティファニー, ティファニーでの朝食を, ティファニーブルー, テーブルマナー本, ディレクター, デザイン, ハイエンドブランド, ファッション, ファッション系, ブランド, ブランド アイコン, ブランドストーリー, ブランド価値, ボックス, ミューズ, 原論, 同時, 対談著作, 年齢, 影響, 意味合い, 戦後, 推測, 文脈, 映画, 永遠の愛, 相乗効果,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 2月 12th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.