kazuo kawasaki's official blog

『METガラ・ドレスをまとった美術館がテキスト』





名古屋市立大学での教授のIDカードは、海外の美術館では
とても有効で専門家として書庫や倉庫まで閲覧できました。
大阪大学のIDカードは、意外にも、旧帝大での文化として、
芸術が全く認められていない、海外での有様でした。
メトロポリタン美術館の服飾部門が手掛ける展覧会、
そのファッションの祭典 、メット ガラは美しいドレスのセレブが集い
展覧会の熱狂と、ともにニュースは世界へ発信されています。
そしてこういった様々なパワーを集約し
美術館の大切な資金をしっかりと集めます。
映画「メット ガラ ドレスをまっとった美術館」には
このファッション ドキュメンタリーがおさめられています。
絵画、彫刻とともに、あるいはそれ以上にファッションが、
未だに、国内ではドレス=ファッションを切り口としての
アートが、語られることははありません。
デザインもまた美術館で、展覧会を行うことは貴重です。
私自身もデザイン製品を美術館で並べるなんてといった
古典的な考え方に対峙したことがあります。
キュレータがかかげる、展覧会のテーマそのものが、
伝統や固定概念、倫理や道理、歴史や政治の問いかけとなっています。
大きな役割を担うヴォーグの編集長は広報はもちろん
装飾やゲスト管理、さらには、テーブルコーディネイトに席次を担います。
メトロポリタン美術館には、一本の柱がありました。
外したい位置づけの柱は、ティファニーから寄贈でした。
知識やセンス、そして決断への力が必要となりますが、
彼女の「審美眼」を理解し、スタッフ全員が従っていました。
この展覧会は、それこそ、どうやれば、全てに渡って表現を
商業的にも芸術的にも昇華できるかの教科書です。
「モードの体系」に引き続けた、デザインの新しいテキストです。


tag: IDカード, キュレータ, ゲスト管理, スタッフ, セレブ, センス, ティファニー, テキスト, テーブルコーディネイト, デザイン製品, ドレス, ドレスをまっとった美術館, ニュース, ファッション, ファッション ドキュメンタリー, メット ガラ, メトロポリタン美術館, モードの体系, ヴォーグの編集長, 伝統, 倉庫, 倫理, 切り口, 名古屋市立大学, 商業, 問いかけ, 固定概念, 大阪大学, 寄贈, 審美眼, 対峙, 専門家, 展覧会, 席次, 広報, 彫刻, 政治, 教授, 教科書, 旧帝大, 昇華, 書庫, 服飾部門, , 歴史, 海外, 発信, 祭典, 絵画, 美術館, 装飾, 貴重, 道理, 閲覧, 集約


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 2月 14th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.