kazuo kawasaki's official blog

『ハイブランドの戦術と戦略で「何がデザインになるのか」?』





「デザイン」と「ブランド」について書かれた
経営書籍は、洋書も邦訳書も、たくさんあります。
ブランドは、「今でも何がデザイン戦略」か、
または、「何がブランド戦略」か,は全く述べられていません。
そして未だに、
国内では「デザインシンキング」=「デザイン思考」で語られ、
それには、米国の著作がいっぱいありますがデザインファームなどで、
デザインもブランドも、その企業では戦略と戦術はがっかりします。
それが日本の最大欠点になっています。ところが、
私は「コンシリエンスデザイン」を、阪大在籍中、
主催していたKK適塾で語ってきました。
基本的には4種であり、邦訳は一冊あります。
実は、「ブランドとは何かという戦術」があります。
「何がデザインとなるか」、このテーマが語られること、すなわち、
企業のマークやロゴタイプ、サービスメソッド、企業哲学、店舗や制服、
キャラクター、そこで働く人達の、製品と商品とあります。
また、ハイブランドとしてそのカラーが、イメージ戦略を通して、
そのボックスやパッケージが戦術になるのです。
PANTONE・1837は、1837年に創立された「ティファニーブルー」、
ブランド形成の、その歴史とブームと考えていいのです。
春の訪れを告げるこまどりの美しいイメージ、スカイブルーです。
ティファニー製品イメージとともに重ね合わせ、
このブランドイメージは構築され世界中で定着しています。
デザイナーとしては好きな色をつくりませんが、
個人的にはブルーは好きな色です。
それこそ、エルメスがオレンジ、カルティエやバカラのレッドなどは
別格のブランドカラーとなり、
彼らの製品が商品として成立したブランド戦略だと思います。
もはや、日本のデザイン界は、
もう一度、デザインとブランドを語り直す必要があるようです。


tag: 1837, 1837年, KK適塾, PANTONE, こまどり, イメージ戦略, エルメス, オレンジ, カラー, カルティエ, キャラクター, コンシリエンスデザイン, サービスメソッド, スカイブルー, ティファニーブルー, ティファニー製品, デザイン, デザインシンキング, デザインファーム, デザイン思考, デザイン界, ハイブランド, バカラ, パッケージ, ブランド, ブランド形成, ブルー, ブーム, ボックス, マーク, レッド, ロゴタイプ, 企業哲学, 別格, 制服, 商品, 好きな色, 定着, 店舗, 成立, 戦略, 戦術, 最大欠点, 歴史, 経営書籍, 製品, 語り直す, 邦訳


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 2月 15th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.