kazuo kawasaki's official blog

『包むと詰めるでは「慎ましい」という日本文化がある』





「つつむ」と「つめこむ」という文化があります。
「つつましい」というのは、日本の文化です。
ご祝儀やご香典では、水引のパッケージに「包み」ます。
儀礼や儀式に対応した包むと結ぶという日本の文化があります。
ところが、一方、缶詰や腸詰めなどはつめる文化です。
「つまらない物ですが」というのは、歴然とした日本文化なのです。
風呂敷に包んだ贈り物を「つまらない物ですが」とつつましく、
気持ちを内包させて渡す古き良き、つつむ文化です。
ここに、慎ましいという日本文化があります。
だから、決して「つまらない物」をさげすんではならないのです。
たとえば、詰め込み勉強というのは、慎ましい文化ではありません。
パッケージに、「包む」と「詰め込む」「詰める」には
大きな差異があります。
私たちの文化では、「慎ましさ」が大きな文化ですから、
「包む」と「詰め込む」という、パッケージには、
どちらが、良いのかと言うよりも、文化的な体系があります。


tag: つつましい, つつむ, つまらない, つめこむ, パッケージ, 儀式, 儀礼, 内包, 勉強, 包み, 包む, 差異, 慎ましい, 文化, 文化的, 日本文化, 歴然, 気持ち, 水引, 祝儀, 結ぶ, 缶詰, 腸詰め, 詰める, 贈り物, 風呂敷, 香典


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 2月 19th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.