kazuo kawasaki's official blog

『デザインが唯一の未来創出、その職能』





私は、「発想が10年早い」と言われてきました。
デザインが未来を創れる唯一の職業だと思っています。
ところが、デザインはどんなに最先端を走っても、
不要なモノは当然、残念ながら善いモノでも、
すごいスピードで淘汰されます、「私でも遅い」のです。
東芝のデザイナー時代、
大学の研究室を訪ねては「遅れてる」と思っていました。大学人になって、
あの時、自分が思ったように「企業より遅れ」をとってはいけない。
優秀な研究者との連携により、
最先端の研究、デザインで他分野を引っ張り、
医工学、理工学、政経学、文理学へとプロジェクトを提言してました。
しかし、デザイナーの品格=才能と美意識は限られています。
今、大学での専門家の研究が4Dとか言われると、
「まだそこ?」、と残念です。
私が、4次元CADを研究していたころでさえ、
ディズにー社が5次元CADを使っている、という情報を手に入れました。
その時、東芝では6次元CADを米国のある企業と開発し、
プラント設計管理への利用段階でした。
現実にそれを見て驚嘆しました。私の研究では、
DNAでのアデニン(A)とグアニン(G)、シトシン(C)とチミン(T)に
「時間軸」を入れて4次元CAD で、
その過程と結果を医学系に提出していました。
メディアにもてはやされる言葉に関わる研究や、
研究費が一時的に大量投下されるような研究に、
携わってる学者は未来を見つめていないのです。
「発想が、実は相当に遅れています」。


tag: 10年早い, 4D, 4次元CAD, 5次元, 6次元, CAD, DNA, アデニン, グアニン, シトシン, チミン, ディズにー社, プラント, プロジェクト, メディア, 不要, 他分野, 企業, 企業より遅れ, 優秀, 利用段階, 創れる, 医工学, 唯一, 善い, 大学人, 大量投下, 学者, 専門家, 引っ張り, 提言, 政経学, 時間軸, 最先端, 未来, 東芝, 淘汰, 理工学, 発想, 相当, 研究, 研究室, 研究費, 結果, 職業, 職能, 言葉, 設計管理, 遅れ, 遅れてる, 過程, 驚嘆


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 3月 5th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.