kazuo kawasaki's official blog

『小説の「龍馬ブーム」は、歴史の中で肥大化している』





小説での「坂本龍馬」と坂本龍馬ブームに対して
明治維新史学会が論理的に史実としての「坂本龍馬」を検証し、
やっと教科書からも省くこととなりました。
坂本龍馬ブームは、彼の姉への手紙があったことから小説化され
それが一般化されました。
一方、橋本左内は400の漢詩を読んでいます。
安政の大獄で捕らえられ、そのうちの300が牢獄でつくられ
26歳で斬首の刑、(武士なのに)、に処せられました。
小説化や大河ドラマ化も難しくブームにはならなかったのです。
ただ『啓発録』は福井の小学中学のバイブルと言えます。
私は、「龍馬は新婚旅行しかやってない」と講演でズーッと言ってました。
武士を斬首するほどに、
橋本左内は当時の江戸幕府の政敵だったということです。
「なぜ、龍馬が暗殺されたのかは今も謎です」。
龍馬は何度か、松平春嶽 福井藩にお金を借りに来ています。
松平春嶽に見い出された人物こそ、橋本左内と由利公正。
福井藩(90万石)の藩札は由利公正(福井藩のちに東京府知事)が、
明治維新の時にはこれを使ったけれど、大失敗で終わっています。
歴史は、常にその時々、政権によってつくられます。
私は、龍馬の肥大したブームに対して、
笑われながらも正直な意見を言ってきました。
やっと、龍馬は明治維新の偉人ではないことが、
学会で認定されました。


tag: 26歳, 90万石, お金, バイブル, 一般化, 偉人, , 史実, 啓発録, 坂本龍馬, 坂本龍馬ブーム, 大河ドラマ, 失敗, , 学会, 安政の大獄, 小説, 小説化, 手紙, 政敵, 政権, 教科書, 斬首, 新婚旅行, 明治維新, 明治維新史学会, 暗殺, 東京府知事, 松平春嶽, 検証, 橋本左内, 江戸幕府, 漢詩, 牢獄, 由利公正, 福井藩, 肥大, 藩札, 認定, 論理, 龍馬


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 3月 11th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.