kazuo kawasaki's official blog

『そろそろ断捨離かと思うコンタックスのカメラです』





カー・カメラ・オートバイ・オーディオ、
これが日本の輸出品だった頃、
私はオーディオのデザイナーになりました。
金沢美大で、ほとんど独学でしたが、カメラに夢中でした。
が、これは作品写真を撮るためでした。
それから、「コンタックス」は、フリーになってから、
この一連のカメラを持っていましたが、そろそろ断捨離かと思っています。
ともかく、今では、デジタルカメラで
ライカとハッセルブラッドに絞っています。
そういえば、祖父からもらった大正時代のPealetteで、
絞りや被写界深度が、とても役立ったのです。
祖父は、自転車に乗ったのは福井県では第一番だと、自慢していました。
だけど、Pealetteは多分使っていなかっただろうと思っています。
私のカメラ自分史で見ると、随分とアナログからデジタルです。
今では、スマホで直ぐに撮りますが、
私自身は、やっぱり、デジタルカメラに頼っています。


*Pearletteとニコマート


tag: Pearlette, アナログ, オーディオ, オートバイ, カメラ, カー, コンタックス, スマホ, デジタル, デジタルカメラ, ハッセルブラッド, フリー, ライカ, 作品写真, 夢中, 大正時代, 断捨離, 独学, 祖父, 福井県, 第一番, 絞り, 自分史, 自慢, 自転車, 被写界深度, 輸出品, 金沢美大


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 3月 14th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.